2013年2月11日月曜日

オスロを歩く、

イタ飯が食いたいと言う、ボクの願いを、三日目にしてようやく聞いてくれたオスロのシネマテークの人が、『日本の悲劇』の上映時に、レストランに連れて行ってくれました。
しかし、そのイタ飯は、ボクの想像していたものとは少し違っていて、ボクはあらかた残してしまいました。
駄目だあ、とボクは音をあげましたが、それが契機となったのか、以来、全身が、ノルウェーに拒絶反応を起こし始めたのです。
添付した映像は、イタ飯屋から出てのオスロの街歩きですが、QAの時間を間違えて、慌てて歩いているシネマテークの人とディック。それとボクは、既に、息も絶え絶えで、何とか、ついて行ってると言うありさま。


しかし、ホント、疲れた、





http://youtu.be/RNK_pa3UNZo

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...