スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

2010/02/19

ジュネーブに着いて、三日目。

昨日は、一回目の『ワカラナイ』の上映が十時からあった。

夜も遅かったので、どうかなと思ったけれど、まあまあお客さんも来てくれて、嬉しい。

ここの映画祭には二度目。一度目は、『バッシング』だった。もう四年前か…。

招待はなかったけど、『愛の予感』もかけてくれた。

終わってから、QA。

いろいろと活発な意見が出た。

運動のために、往復、歩き。

だから随分と歩いた。「あなたの作品は、家族の関係を、毎回母であったり、父であったり、子供であったりして描いていますが、次回作は、誰が主人公ですか?」

と訊かれて、『春との旅』のことを少しだけ話した。

「ああ。今度はおじいさんの話なんだ」

と合点してくれた様子。

この映画祭は、とても小さい映画祭だけど、毎年のようにボクの映画を掛けてくれている。

他には、ハンブルグ映画祭なんかもボクのを毎回掛けてくれている。

大事にしたいものだと思う。

×  ×  ×

今日、ジュネーブは、雨。

傘を買わなくちゃいかんなと思う。

取材が入っているので、事務局の方に出るが、他は特にないので、買い物でもしよう。

2010/02/03

とにかく、うっとおしい。

このうっとおしさは、何とかならないものだろうか?

それともボクだけがうっとおしいのか。

そうでもないような気がする。

世の中が、とてつもなくうっとおしくなっている。



2010/02/05

昨日、朝青龍が引退した。

小沢さんは、不起訴処分。

何だか、このふたり、とても似た印象を持つ。



2010/02/09

ゆるいよなあ。ゆるい文章だ。

毎日、そうやって書いたものを読んでは、自己嫌悪。

持ってるものしか出せないのはわかっているが、それにしても…。

修行が足りない。



2010/02/10

ここ何日か、ホテルにいるので、ずっとひとり。

東京のホテルで過ごすのは、もう何十年か前に、NHKのドラマを書いていた時以来で、久しぶりに集中したくて籠ったのだが、どうも外国にいるようで、落ち着かない。

なまじっか言葉が通じるからなのか?

それだけでもないだろう。

何か、変だ。

その変な感覚が、面白くもある。

これはつきつめると何かになるなと思う。

2010/02/03

とにかく、うっとおしい。

このうっとおしさは、何とかならないものだろうか?

それともボクだけがうっとおしいのか。

そうでもないような気がする。

世の中が、とてつもなくうっとおしくなっている。



2010/02/05

昨日、朝青龍が引退した。

小沢さんは、不起訴処分。

何だか、このふたり、とても似た印象を持つ。



2010/02/09

ゆるいよなあ。ゆるい文章だ。

毎日、そうやって書いたものを読んでは、自己嫌悪。

持ってるものしか出せないのはわかっているが、それにしても…。

修行が足りない。

2010/01/31

今日は父の三回忌。

とは言っても、住職にお経を読んでもらい、お参りをしただけ。

終わって、「銀座アスター」に行く。

親父がよく行ってた中華料理店で、お茶の水店が出来るまでは、本郷三丁目から地下鉄に乗って、銀座のお店に行っていた。

今日はお茶の水店に行った。

ここで大体食べるのは決まっていて、蟹肉の入ったコーンスープだ。

とても上品な味だったのは覚えているけど、どんな味だったのかは忘れていて、今日久しぶりに食べたのだが、以前より、少し味が薄い気がしたが、昔のことを思い出した。

フカヒレスープも頼んだことがあったが、これは滅多なことでは頼めない。随分と値が張るからだ。確か、祖母の喜寿だかのお祝いの時は、これを食べたような気がする。

ボクはその頃は高校生だったか?

フカヒレスープより、いつものコーンスープの方が良かったのにと思ったものだ。

今は、たまに唐桑に行くので、気仙沼でフカヒレは手に入る。一度、父の生前、気仙沼で売ってるフカヒレスープを父に送ったことがあったけれど、例によって、あんなものは食えないと叱られた。

体調が悪かったり、何か不愉快なことがあったりすると、なんら関係のない人に向って憎まれ口を叩くのは死ぬまで治らなかったようで、ボクにも、それは受け継がれていて、時どき、自分のしていることが、親父に似て来たなと感じることがある。

それはさておき、

「銀座アスター」では他に、春巻きとか焼きそばとか、炒飯とかを頼んだ。いつもの店より全体的に味が薄い。普段行く店がどれだけ大衆的かと言うことを思い知らされた。息子も喜んで食べていた。

デザートも食べたので、かなり血糖値は上がってしまったことだろう。

今夜は、ご飯とちょっとしたもので済まそうと思っていたが、夕飯もそれなりに食べてしまい、お供えのカステラも持って帰ってきて、食べたので、まずいなとひとり呟いていた。

「春との旅」の主人公、忠男はボクの親父とは何の関係もないのだが、やはりシナリオを書いたのがその息子なので、おのずと親父の影のようなものは引きずっているのだろう。

何か、今日は親父の三回忌でもあり、忠男の三回忌でもあったようで、いろいろと映画のことや親父のことを考えて一日を過ごした。

一周忌の時に、住職が、法事と言うのは故人を思い出すことだと言っていたので、そのようにつとめた。

もう直ぐ、日が変わる。

×  ×  ×