スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2011の投稿を表示しています

2011/04/29

まずまずの一日。

楽しいまではいかないが、まずまず。

それだけで、何より。

足も、今のところ大丈夫だし、腰も痛くない。

水分をとったからなのか、良く眠ったからなのか。

まずまずで、良かったね!

と、自分に言う。

そんな日もあるね。







明日から、「祝春一番2011」。







http://haruichiban.sakura.ne.jp/haruichiban08/top-page-all/top-page-all.html

2011/04/26

体調が良くないので、デスクに向って、このブログを書いていると決まって、すぐにいきずまってしまう。それで、何度も中断し、ついには諦めていた。

字を書いたりするのは、本当に体力がないとできるものではない。頭を働かせることも億劫になってしまうのだから。

本当に困ったものだ。

それでも、何とか、今日は書いてみようと思う。いつもは寝酒の一杯でも引っかけないと、なかなか書けないのだが、今日は別だ。夕飯時に瓶ビールを一本飲んだが、だいぶ時間が経っている。おまけに湯にもつかった。

ずっかりとは言えないまでも、酔いはない。だから大丈夫だろう。

しかしだ。

いざ、パソコンに向かって何かを書こうとしても、一体何を書いたらいいものやら。見当がつかない。とりかかってる映画のことでも書こうと思ったが、まだ秘密の段階だ。いや、こうして今、映画に取り掛かっていると書くこと自体、良くはない。映画は、よこしまな人間の密かな企みだから、あまり人々に知れると、後ろめたさがなくなってしまい、白けてしまうのだ。秘密がいいのだ。ずっと秘密。映画を作っていることも誰にも知らせず、出来上がっても、誰も知らない。どこか外国の映画祭で、一度か二度掛かって、それほど評判も呼ばず、日本では公開もない。もちろんそれでは掛けたお金を回収することもできず、ボクは今より更に貧乏になり、二度と映画を作ることもできなくなる。だからそんなことは、出来るわけがないのだけれど、それでもやはり、一度はそんな映画を作ってみたいと思う。これでもか! と言うぐらいに退屈な、それでいて、愛おしくなるような人間の営みを描いたもの。何も起こらない。何一つ! …でも、ボクには死ぬまで作れないだろうな、そんな映画は。第一、シナリオが書けない。うん。それが一番大きな問題だな。

良かれ悪しかれ、ボクはテレビの世界で生きてきたから、嫌がおうにも娯楽性とか、ストーリー性とかが身についてしまったようだ。テレビの世界に入るまでは、本当に素直ないいシナリオを書いていたんだけど、踏絵を一度経験すると、もう、引き返すことは出来ないようだ。



そう。だらだらと毎日を過ごしている怠惰な男の身辺雑記。今日のところはそれでいいのだ。あとは何もいらない。とにかく、書く習慣を復活させること。それが大事なのだと思う。

ところがだ。そのだらだらと怠惰に毎日を過ごしている男の身辺雑記と言うもの…

2011/04/11

黙とう。







明日が、今日より、いい日でありますよう。



http://www.youtube.com/watch?v=rs7MlrxOOWg&feature=fvwrel







http://www.youtube.com/watch?v=DIi-L7GO_6U&feature=fvwrel

2011/04/06

あれは何

と、訊いたら

ユキヤナギだという

初めて、見た気がする

駅までの道で

たくさん、桜も見た

今年は

これで十分かなと思った

もともと花見の宴会は

好きじゃない

参加したこともない

いや

一度だけあったな

何年か前の

げんげ忌の集まり

渡さんの奥さんと

一緒だったな

その時は、足がつってしまって

往生したな

奥さんが

足をさすってくれた

渡もしょっちゅうだったのと

あれから奥さんとも

会ってないな

もうもうそろそろ

渡さんの命日だ

その日は

火吹き竹を

唄ってみよう

あの人のことを

思い出しながら

夢いろ橋

良かったら聴いてね、 RT @red_smiley: @masahirokoba 映画「白夜」の兄弟作品だそうですが、監督が脚本を書いた、ラジオドラマ作品「夢いろ橋」が多分ニコニコ動画で見られます→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm14054981