2010年12月2日木曜日

幽霊

海辺では、子供たちが、

無邪気に遊んでる

車の妻は泣く

夫の別れ話聞いて

ボクは見てる

ボクは見てる



事務所には若い奥さん

夫の失業に怯え

明日までに五万円

返す当てない借金をかさむ

ボクは見てる

ボクは見てる



満員電車のつり革では

疲れた男がひとり

会社の駅に着いても

降りようとはしない

ボクは見てる

ボクは見てる



病院のベッドには、

付き添いもない老人

絡まる痰を、

吐き出す力もなく

ボクは見てる

ボクは見てる



居酒屋の隅で、

スーツ姿の若者

携帯のメールを読み

故郷の母の死知る

ボクは見てる

ボクは見てる



国道では女子高生

狂った男に連れ去られ

犯され、バラバラにされ

生まれ育った山に埋められ

ボクは見てる

ボクは見てる



川岸には脱ぎ捨てた靴

その脇には、遺書

風に舞い上がる

そのワープロ文字

ボクは見てる

ボクは見てる



今、産まれた君

胸を膨らませ泣く

母は、君を抱きしめ

父は喜びに泣く

ボクは愛おしさを込め

ボクは愛おしさを込め



ボクは愛おしさを込め

ボクは愛おしさを込め

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...