2010年2月19日金曜日

2010/02/19

ジュネーブに着いて、三日目。

昨日は、一回目の『ワカラナイ』の上映が十時からあった。

夜も遅かったので、どうかなと思ったけれど、まあまあお客さんも来てくれて、嬉しい。

ここの映画祭には二度目。一度目は、『バッシング』だった。もう四年前か…。

招待はなかったけど、『愛の予感』もかけてくれた。

終わってから、QA。

いろいろと活発な意見が出た。

運動のために、往復、歩き。

だから随分と歩いた。「あなたの作品は、家族の関係を、毎回母であったり、父であったり、子供であったりして描いていますが、次回作は、誰が主人公ですか?」

と訊かれて、『春との旅』のことを少しだけ話した。

「ああ。今度はおじいさんの話なんだ」

と合点してくれた様子。

この映画祭は、とても小さい映画祭だけど、毎年のようにボクの映画を掛けてくれている。

他には、ハンブルグ映画祭なんかもボクのを毎回掛けてくれている。

大事にしたいものだと思う。

×  ×  ×

今日、ジュネーブは、雨。

傘を買わなくちゃいかんなと思う。

取材が入っているので、事務局の方に出るが、他は特にないので、買い物でもしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...