2010年4月22日木曜日

2010/04/21

仲代先生との対談。

無名塾へ。

早めに出たので、時間調整で、久しぶりに「デニーズ」に入る。

食事をして出たのだけれど、また、食事。

ミートスパゲティーを食べた。

何だかやたらおいしかった。

驚いた。

無名塾では「友達」の公演のための稽古が行われているらしく若い人たちが出入りしていた。

仲代先生と対談始まる。

とは言え、キネマ旬報なので知らない仲でもないので、気楽に話す。

本の話が少し出て、仲代先生が読んでくれたようで、

「あれ、奥さんの話でしょ」

と言われて、戸惑う。

「違いますよ」

と否定したが、言われてみると…とその事に気が行ってしまって、しばらく話に入れずにいた。

「いや、きっとそうだ」

と先生は嬉しそうに笑っている。

ボクは、照れてしまった。

参った。

対談は、先生のお話を拝聴するといった感じで進んだが、ボクも訊かれると、ベラベラ喋っていたようだ。

少し反省する。

帰宅して、宅配の寿司食べる。

息子、生意気にカニちらしなど食べている。

アボガドを山のようにのせて、スプーンで頬ばっている。

眺めて、呆れる。

「ちらし寿司」をスプーンかよと言おうとしたら、奥さんまでスプーンだ。

絶句して、何も言えなくなってしまった。

箸の持ち方どころの話ではないな。

ああ、俺は、とうとう小言じじいと化したかと暗澹たる気持ち。

早々に寝たが、深夜に目覚める。

ようやくビール。

呑みながら、メモ。

もちろん映画の企画メモ。

つらつらストーリーを書いたりしているとふと目に留まった文庫本を手に取り読み始めたら、面白くて、止まらなくなってしまった。

とは言え、もう五時だ。少し、寝よう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...