2011年5月30日月曜日

2011/05/30



いつものように、飯田橋の喫茶店で、ミーティングして、日も暮れてきたので、「
魚座」で一杯やりながら、鯛飯。
最近は、このパターンが多くなってきた。
あまり酒の方が呑めないので、本当はいけない米穀類をとるようになってしまった。
酒の方がいいと言う声もあるけどれども、飯の方が良いという人もいる。
本当はどちらも控えた方がいいのだけれども、そう言うわけには、いかないので、つまりは、両方、程々にというセンに落ち着く。
昨日は大雨。
嵐。
そして今日は日中快晴だったが、風が強く、肌寒い。
なのにボクは、よりによってシャツ一枚で外に出たものだから、震え上がっていた。
映画もテレビも色々見たんだけど、ここに書く前にみんな忘れてしまった。
そう言えば、日記も、最近はまるで書いてない。
第一、日記帳がどこにあるのかもわからない始末。
焼きが回ったなあと呟いてみるが、それでも生きて行くしかなく、生きて行く為には金も少しは稼がなくてはならず、そうなると、二度とご免だと思っていた映画のことも、考えないで入られない。
日本映画批評家大賞に「春との旅」関連で五冠賞をいただいた。
    ダイアモンド大賞及び審査員特別主演男優賞 仲代達矢氏
    作品賞 「春との旅」
    編集賞 金子尚樹氏
    撮影監督賞 高間賢治氏
    新人女優賞 徳永えり氏

続いて、中国で行われる日中友好の映画週間では、「春との旅」がオープニング上映されることが決まった。
何だか照れくさいが、自主映画でずっとやってきたボクのような人間だから、後輩たちの励みにもなるんじゃないかと思い、上映に立ち会うことにした。


あと何本、映画を作れるかどうかわからない。作れないのかも知れないが、生きてるうちはせいぜい、頑張って映画にこだわって生きて行きたいと思ってる。
もちろん、歌もね。
どうか皆さん、ご声援のほどよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...