2010年1月24日日曜日

2010/01/24

やはり、朝青龍が優勝。
でも、ボクはおととい夜更かししたせいで、昼は寝ていて、肝心の大相撲を見ていない。
ニュースで知ったのだけれども、やはり、ダイジェストでもいいから通して見たくて、今は、待機中。
相撲の時期はもう何も手に着かない。
なんとかならんかと思うのだけれども、どうにもならない。
親父もある時から大相撲を欠かさず見ていたらしいが、ボクも50になった頃からか、こうして期間中はそわそわして、出かける時は、ワンセグを持ち歩いている。
打ち合わせも期間中はすべてキャンセル。
こうした徹底ぶりにもかかわらず、まともに見られるのは何日かしかない。やはり、福岡場所とか大阪場所、名古屋場所なんかはホテルをとって、毎日行くしかないのかと真剣に考えてしまう。別に、升席なんかは要らない。遠くから眺めてるだけでいいのだけれども。
×  ×  ×
去年の暮れに『アバター』を観て、今年は、早い時期にもう一度行こうと思ってる。
『今度は愛妻家』と言うのも観ようかなと思っていたが、HNの分を読んでいて、観る気が失せた。大体、今度は! と言うのは、何事かとボクなんか自分の事は省みず、思うけれども、そう言うボクもとんと浮いた話はないので、まあ、怒るほどのものでもないかな。
やはり、今年はボクの映画もあるけれども、『アバター』だろう。『タイタニック』とまではいかないのだろうけど、あれ以上の映画が作れるかと言うと疑問がわく。何でも、続編が計画されているとか。『タイタニック』は無理だけど、こちらは『エイリアン』のように続けることは出来る。
キャメロンと言う人は、続編も面白いし、これだけのキャラクターと世界観を作ったのだから、何部作かで作っても、つまらなくなると言うことはないんだろう。しかし、問題は、キャメロンがいつ飽きるかで、そっちのほうが怖いかな。
続編どまりじゃないかなとも思うのだけれど。
×  ×  ×
それはそうと、今日テレビで、『デトロイト・メタル・シティー』と言うのをやっていて、これはなかなか面白かった。
何かアメリカ映画ようでもあった。そうそう、シュワルツネガーの出た映画だ。こう言うコメディーが日本でも作られるようになつたんだあと、マンガの原作とは言え、いい時代になったな。
そのうち、ちゃんと観よう。
×  ×  ×
とにかく最近、体が冷えて仕方がない。
カロリーのせいなのか、病気のせいなのか、何なのかさっぱり判らないが、とにかく冷えて、風呂にでも入らないと凍ってしまいそうで、怖い。
これもそのうちだけど、段々凍りついて、最後に人柱になってしまうようなホラー映画を作ろうと思う。
そうそう、ホラー映画だな、これからは。遅いんだ! ってか?
そろそろ大相撲ダイジェストが始まるので、今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...