2010年10月18日月曜日

2010/10/07



情婦、観る。
以前観た時は、何も感じなかったが、今回、テレビの放送を観て、その作りの巧みさに、驚く。
アガサ・クリスティーの原作もさることながら、ビリー・ワイルダーの演出の確かさ、そして、タイロンパワー、デートリッヒ、エドワードノートンらの出演陣の演技の巧みさにうなる。
ミステリーとはこう言うものだと改めて、認識する。
勉強不足。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...