2010年10月23日土曜日

2010/10/21



佐藤優の「国家の罠」を読んでいたのだが、やめてしまった。
気分をかえて、奥田英朗の本を読み始める。
小説は久しぶりだ。
録画しておいた色んな映画を観るが、どれもボクには引っかからない。
「まずいな」と自分に言う。
何か、随分以前にも、こんな気分になったことがあった。
「乗り越えろよ」と呟く。
「いいから、乗り越えろよ」と。
気分転換に、近くで、コーヒーフロート。
最近は、ここのカフェで流れている映画を全く見ずにいる。
以前は、まるまる一本とか、平気で観てたんだけどな。
夜、ネットで、アラスカを検索。色々と調べる。
昔、大韓航空で韓国経由で、フランスに行った時のことを思い出す。
そのころは給油だかで、必ずアンカレッジに止まった。
そこの立ち食い蕎麦が美味かったとか、売り子のおばさんたちが、アンカレッジ在住の日本人だったりで、帰路などは、アンカレッジまで来るとほっとしたものだった。
「ああ、終の住処はアンカレッジなんかいいかなあ」とぼんやりと考えた。
地図で、アンカレッジを探して、しばらく見ていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...