2011年6月14日火曜日

2

病院の日ほど、気分が悪い日はない。

ましてや、数値が悪かったりすると、落ち込む。

でも、もう「来るものは来るのだ」と諦めている。

諦めているから、診察結果でその日の気分が悪くなることはなくなったのだが、今日のように、段取りの悪い、診察には、本当に頭に来る。

何はともあれ、翌日には、スペインに行かなければならないのだ。

スペインはグラナダ。

出来て5年目の映画祭だから、まだまだ若い映画祭だ。それほど知名度があるわけじゃない。

招待の誘いがあったものの、どうしようかと数日考えさせてもらった。

スペイン行きは直行便がない。

おまけに、マドリッドを経由しなければ地方都市のどこにも行けない。

以前、ブラジルに行ったことがあるが、こちらも、すべての都市は、サンパウロに一旦行って、乗り換えなくてはならない。

ブラジリアは首都なのに、やはりサンパウロで乗り換えだ。しかも、乗り継ぎに、8時間も待たされた。

その時は、交流基金の人がホテルをとってくれたので、仮眠をすることができたのだが、リオに行ったときは、空港で散々待たされた。

サンパウロには当時まだ、喫煙のコーナーがあったので、何とか、禁断症状になることはなかったのだが、辛いことは辛い。

ブラジル行きとまでいかないが、グラナダ行きも相当の時間がかかる。

パリで一泊して、翌日、マドリッド経由でグラナダ。

これしかないなと思い、条件を出し、パリのホテルはこちら持ちで、他は、映画祭が持つなら行きますとの結論を出す。

こちらの要望が通り、組まれた日程のメールが届く。

あとは、飛行機に乗るだけだ。



翌日の朝、ホテル前から出発する早朝のリムジンバスで、成田へ。

このリムジンバスは、とても便利だ。

東京に来たとき、普段は事務所に寝泊まりしているのだが、ここに来れば、成田行きのリムジンバスに乗れるんだということを初めて知った。

事務所からこのホテルまでは、歩いて5分足らず。

宿泊客だけが利用できるというわけではないだろう。

だから、これからは、これを利用しようと思う。



そんなわけで、リムジンバスに乗って、成田へ。

成田から、パリへ。

この十数年、パリにはなんだかんだと年に二度は行っているので、別に困ることはない。

荷物を取り出して、税関を抜けて、地下のタクシー乗り場へ。

宿までもスムーズに行けたのだが、ところがだ。

今回は、泊まるホテルがどうもいけない。

昔貧乏旅行をしていた時のことを思い出して、ひどく暗い気分になってしまった。

いつもBOOKING.COMで予約しているのだが、こんなところは久しぶりだ。

ここで、一泊か…と、ため息が出てしまう。

本当だったら変えてしまうのだが、

「一泊だけだから」

と奥さんが言うので、ここに泊まることにした。

ホテルの名前は書かないけど、カルチェラタンの近くで、場所はいいが、あまりお勧めはしない。



ぶらぶら歩いた挙句、夕飯は、以前マッキーが教えてくれた中華レストランでとる。

店に入るまで、ここの名物が、ワンタンメンだったことをすっかり忘れていたが、隣の若者が大盛りのワンタンメンを食べていたので、思いだし、それを注文する。

ワンタンメンと、チャーハンと、あと一品。

何を食べたか思い出せない。何だったろう? 春巻きではなかったような気がするし、大好きな酢豚はメニューにはなかったんだから、やはり、春巻きだったのか?

それにデキャンタのワイン。

この店の料理はどれも美味しいし、大盛りで大変結構なのだが、店員の質の悪さには毎度、呆れ返る。

パリで繁盛している店とはこうものか、とにかく客を客とも思わない。

でも、もう、二度と来ないのだ。

それも見過ごそう。



店を出て、カフェに入り、道行く人を眺める。

それでも、時差ぼけが始まっているようで、頭がぼうーっとしている。

雲の上を歩いているようだ。

早々にホテルに帰って、寝る。



翌日は、早起きした。

とは言え町を散歩なんてことはせず、地下の食堂で朝食をとり、荷造りをし、それらをホテルに預けて、散歩。

ノートルダムに行くという奥さんを見送り、ボクは、カフェで、コーヒー。

それからまた、カルチェラタンへ行き、イタリアンの店で、パスタ、ミネストローネ、ピザなど。

ホテルに戻り、タクシーを呼んで、オルリー空港へ。

オルリーは、初めてパリに来たときに降り立った空港だ。

以来、何度か利用したが、もう20年以上も利用していないので、本当に懐かしい。

空港の建物を眺めて、ゴダールの映画のことを思い出した。

「あそこを背景に、ジャン・ピェール・メルヴィルが記者団に囲まれて…のシーンがあるんだけど。うん、そうだった。トリュフォーの『柔らかい肌』でも、ここで撮影されたシーンがあったな」

などと独り言。

そうこうしているうちに出発。

マドリッドでトランジェットして、グラナダへ。

深夜に到着。

迎えの映画祭スタッフと合流、ホテルへ。



チェックインして、近くのレストランへ。

十二時を回っているというのに、まだ空いている。

もっとも、他の店はみんな閉まっていて、空いてるのは、ここだけ。

「スペインでは大体、十時から夕飯なんですよ」

などと通訳の人が言うから、

「それじゃ、ほとんどの店は、二時間ぐらいしか働かないということ?」

と訊くと、返答に窮したらしく、押し黙ってしまう。

疲れていて、胃の具合も良くないので、あまり食べられず、早々に退散。

ホテルの部屋で、バタン、キュー。

いまだに目が回っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...