2013年6月28日金曜日

『日本の悲劇』6/26のこと、

昨日はあいにくの雨で、『日本の悲劇』のマスコミ試写、きっと少ないだろうなと。
今まで、二回の試写では満席だったけど、それが、ピークだったかと、落胆した気持ちで、試写室まで行ったのだけど、何だか様子がおかしい。
エレベーターから降りたら、人だらけ。
前の試写を観に来たN嬢とばったり。
「すごいことになってますよ!」
と言う。
中に入ったら、もっと人だらけ!
早くも、席は埋まってしまい、外では宣伝スタッフが、補助席を出しながら、お客さんを誘導してる。
試写室の人が、出て来て、
「これ以上は無理だ。ただでさえ、避難口が、補助席で埋まってる。もう入れないでくれ!」
と、宣伝の人に、内緒話。
それでも、まだ、お客さんが、受け付けに来る。
何とか、前の床にすわってもらっても、観てもらえないかとボク。

何人かは、それで入って貰ったのだが、ついに、宣伝の人の判断で、お帰りいただくことになってしまった。
こんな事になるなんて、考えてもいなかった。
もちろん、嬉しい。

こんなに沢山の人に観てもらえるなんて、思ってもいなかったからだが、この先のことを考えると空恐ろしい。
『日本の悲劇』の公開は、8/31から。
まだ、二ヶ月もある。
みなさんの応援だけが頼りです。
どうか、よろしくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...