2013年6月16日日曜日

311のあたりで、

「311のあたり」では、②③と続く予定でしたが、『日本の悲劇』公開時のパンフに、掲載することになりましたので、ここでは掲載できなくなりました。
パンフには、様々な方のレビューや論評などが掲載される他、仲代達矢さんからご寄稿いただいた言葉や、『日本の悲劇』のシナリオも、掲載されます。
映画公開時には、ぜひとも、劇場で、お手に取ってご覧いただき、お買い求めいただければと思います。
よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...