2010年9月8日水曜日

2010/09/05



朝から子供たちが来る。
誕生会は昼からだと言うのに、九時半には、来てる。
これには参った。
昨日は明け方まで起きていたので、起きるのがしんどいが、仕方ない。
起きて、おやつなど食べながら、子供たちを見ている。
みんな個性があって、面白いが、発散するエネルギーたるや大変なもので、すぐに疲れ果ててしまう。
だいたい、狭い家なので、子供たちが座るとボクらは立っているほかはない。
ずっと立っているのも辛いので、お祝いをして間もなく、ボクは仕事場に退避。
それでも直ぐに呼び戻されて、カレー作り。
子供たち向けなので、なるべくシンプルにしようと考えるが、直ぐに余計なものを入れたがる。
いや、そうじゃなくて、昔のデパートの食堂で食べるようなやつがいいんだよと自分に言って、その時の玉ねぎの形状なんかを思い出そうとするが、実際に作ったものは、そのようになっていない。
色も、全然黄色くない。
これじゃだめだと思うが、つくってしまったのだから仕方がない。
子供たちは、それでも何とか食べてくれたけど、自分としては、納得がいかない。
本格的なインドカレーみたいなルーを良く見かけるけど、ごつごつしたじゃがいもの入った、昔のカレーがたまらなく食べたくなることがある。
そう言うのは、いわゆる町の中華料理屋なんかにあるのだが、なぜか、中華料理屋に入ると、別のものを頼んでしまい、カレーには行き着かない。
高速のパーキングなんかにはきっとあるんだろうなと思うが、最近は高速のパーキングも高級になってしまい、そんなカレーがあるところは滅多にない。キーマカレーなんてもんになっていたりする。
西新宿にあるハイチのドライカレーは別として、キーマカレーと言うのは、あまり食べたいと思わないが、最近、良くメニューで目にする。辛いキーマカレーならいいかも知れないが、ご飯と一緒というよりも、チャパティとかナンと一緒に食べた方がいいのかも知れない。
でも、ボクは、カレーにはご飯と決まっているので、もうそこでキーマカレーの出番はなくなっているわけだ。
良く行くコージーコーナーにもあって、食べてみたがやはり駄目だった。
最近のコージーコーナーは、キーマカレーがなくなって、代わりに牛すじカレーに代わっているが牛すじカレーと言うのも、ボクはあまり好きじゃない。飲み屋の煮込みとあまり変わらない気がする。
やはり日本のカレーライスの基本はポークだろう。チキンも良い。
ビーフカレーは、昔は貴重で、贅沢なイメージがあったが、食べてみるとたいしたことはない。ビーフを食べるなら、ビーフストロガノフの方がいいかな。
子供たちは夕方までなんだかんだと動かない。
ボクはもう座っていることも出来なくなって、ベッドに倒れ込んで眠ってしまった。
これでは、唐桑行きは、無理だ。
おまけに夜になって、Sくんが駆けつけてくれたので、持ってきてくれたギネスとなったので、もう降参。
孤独になるには、相当の意思が必要のようです。
ようやく静かになって、ツイッターの画面を見ていたら、もう眠っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...