2010年9月26日日曜日

2010/09/17



Oさんが、A新聞の記者さんを連れて来る。
少し、話す。
『春との旅』の件。
帰ってから、朝ご飯。
以前、CBCの人に教わった、ツナご飯久しぶりに作る。
美味い!
クラシック聞きながら、机に向かう。
仕事、断念。
夜、一ノ関へ。
家族、迎えに行く。
漁火パークで、夕飯。
久しぶりに、まともな食事をする。
しかし、金曜の夜だというのに、ここの店には、ボクらしか客がいない。
店内は薄暗く、地域のために辛うじては営業はしてるが、商売としては、成り立っていないんじゃないか?
以前、ここには浴場もあったそうで、一度行ってみようとしたことがあったが、すでにボイラーの具合が悪いとかで、営業していなかった。
以来、もう何年も経つが、営業の再開はのぞめそうもない。
残念至極。
高台に風呂があれば毎日とはいかないまでも、しょっちゅう利用したと思うけど、(地域の人たちも)きっと、かなり高かったんじゃないかと思う。
高くしなければ、やっていけないということもある。温泉でない以上、水道料金だけでもバカにならないからな。
この漁火パークも、第三セクターが立ちあげたものなんだろうけど、開発費と維持費に大枚をつぎ込んで、やっていけなくなると民間企業に委託する。
そんな施設が、そこいら中に山ほどある。
何とか、活用していく道はないんだろうか…。
深夜、『アビエイター』再見。
スコセッシの映画を観ると、励まされる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...