2010年6月19日土曜日

2010/06/17

晴天。

暑い。

飯田橋のシアターイワトにて、東京乾電池の芝居。

柄本明演出。

客席の後ろから肩を叩かれる。

誰かと思ったら、優斗だった。

坊主頭で、たくましくなっている。

『ワカラナイ』の時の面影はない。

それが少し寂しくもあり、頼もしくもある。

芝居を観る前に、しぶりにコージーコーナーで、昼食。

奥さんはパスタ。ボクは、なすのキーマカレー。

あまりおいしいとは言えない。

失敗。

芝居観て、地下鉄で、戻る。

奥さんと別れて、ボクは豊洲で、新しく出来た店に入る。

スペインのバルを真似た作りの「BAR MER」。

タパスがあるので、ボクにはうってつけの店だ。

ビールを二杯。

タパスをふた品頼む。

柄本さんから電話入る。

芝居のこと、少し話す。

柄本さん「春との旅」を観たとのこと。

「小津だよねぇ。東京物語だよね。舞踏会の手帳だよね~」

と、まくしたてられ、たじたじ。

熱いなあ、相変わらず。

でも、気に入ってくれたようで、嬉しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...