2010年6月19日土曜日

2010/06/18

夕方、雨の中を豊洲に出る。

全身がだるく、脚を前に出すのがやっと。

道端に、ひっくり返りたい気分。

それでも何とか、豊洲に出て、いつもの店で、甘いラテ。

最近はいつもこれ。

しばらくすると、体が軽くなる。

活力もわいてくる。

五時過ぎまで、店にいて、有楽町へ。

今日は久しぶりにFくんと会う。

飲み会なのだが、そうは飲めないので、悪いけどレストランにさせてもらう。

ビールとフライドポテト。それにローストビーフのサラダを頼み、Fを待つ。

間もなくF来る。

いろいろ注文して、ビールを飲む。

映画の話、あれこれ。

企画の話など。

でも、彼と何か仕事をしたことは一度もない。

不思議なものだ。

なのに、半年に一度ぐらいは会っている。

十一時に、豊洲に戻る。

ジョナサンで少し休んで、帰宅。

「シナリオは出来れば書かない方がいい。書けば作りたくなるからだ。作ったら、大損するのは判り切ってる。ボクに今、そんな余裕はない。」

そんなメモを書く。

そして、こう付けくわえる。

「だが、死ぬまで死んだふりなんて出来るわけがない。」

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...