2010年11月11日木曜日

ボクは君と恋におちた

酒場の隅にいた君

日陰の中で怯えてた

そんな君を見つけたとき

ボクに似たものを感じたんだ

ボクは、君と恋に落ちた



外に出たら土砂降りの雨

君は、ボクにしがみついた

それは枯れかかったボクの体に

水を与えてくれたようなもの

ボクは君と恋に落ちた



熱を出して、寝込んでたボク

君は食事を作りに来てくれた

そんな君が愛しくて

愛しくて、抱き寄せたんだ

ボクは、君と恋に落ちた



それから、ボクらは、暮し始めた

君はボクの過去を知り

泣きじゃくり叫び、ボクを殴った

「あなたは、私に、嘘をついたのね」と

ボクは、君と恋におちた



色んな辛いことがあったね

何度もいがみ合ったこともあったね

それでもボクは君を信じた

君もボクを信じてくれた

ボクは、君と恋におちた



いつか新しい時代が来るだろう

それはいつか見た子供の頃の夢かも知れない

その時ボクらはしあわせに

きっとなれると信じてる

ボクは君と恋におちた

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...