2010年11月11日木曜日

月の駅

汽車から降りれば

小さな駅で

迎えてくれる 父と母

手を振って 俺を呼ぶ

幼馴染の女

思い出の故郷の駅



帰った俺を 迎えてくれる

思い出の ふるさとの駅



都会の隅で はぐれた俺

仁義と恩義に 縛られ

人の親を 殺した俺

これ以上生きられないと思った



それでも思い出す

ふるさとの駅

鉄格子の向う 月の駅



あと何日 俺の命はある?

許されるはずもない

それでも、夢に見る

ふるさとのあの駅

鉄格子の向う 月の駅



帰った俺を 迎えてくれる

思い出の 月の駅

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...