2010年11月7日日曜日

淡春

桜舞う、川岸

泣きながら駆けてく

その子の母は

天国に召された


歯をくいしばって

亡骸みつめた

西日差す、その部屋

聞こえる産声


夢かも知れぬと

何度も頬うつ

赤く腫れたその頬

りんごの赤に似て



空に舞う花びら

頬に張りつく

それでも構わず

駆ける 日暮れ道


うららかに啼けよ

うららかに啼けよ

うぐいす啼く道

駆ける 日暮れ道

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...