2015年5月8日金曜日

夢見た旅

「夢見た旅」は、アンタイラーの小説のタイトルだが、別に、アンタイラーのことを、書こうって言うんじゃない。
アンタイラーは、映画「偶然の旅行者」で出会った、原作者で、当時のボクのお気に入りで、何冊か、買った。
その後、ちょっとしたブームになったんだろうか?
アンタイラーの本が次々と翻訳された。
その本は、文庫本もなった。
「夢見た旅」は、「偶然の旅行者」の次に、買った本だった。
デビュー作ではないにしても、初期に書かれた本だったようだ。
一度、読んだが、内容は、忘れてしまった。

何でも、忘れてしまう。
忘れたいと思っていることは、なかなか忘れないが、気にしていることほど、忘れてしまう。
「こと」や「もの」を、ことごとく忘れてしまう。
だから、今更、「夢見た旅」のことは、書けない。
書きたくても、書けない。

ただ、「夢見た旅」と言う、タイトルだけは、ときどき思い出す。
ある日、平凡な主婦が、夢にまで見たひとり旅に、出る。
遠く、北欧まで行って、オーロラを見たかったのかも、知れない。
そんな、本とは、違ったストーリーを、いつの間にか、組み立てている。

旅の途中で、女は、いろいな人と出会う。
何せ、オスロまで来たはいいが、どこへ行けば、オーロラが見られるのか? それさえも判らないのだから。

とにかく、更に北を目指す。
しかし、偶然、出会ったトラック運転手に、世話になり、その家族と共に過ごすようになる。
小さな息子に、まだ小さかった頃の自分の息子のことを思う。
今、主人公の息子は、家を出て、妻を娶り、子をもうけている。主人公にとっては、孫だ。
それでも、平和で、幸せな暮らしを送っているかといえば、そうでも、ない。
いろいろある。
失業したり、妻が、別の男を好きになっていたり…。
自分の夫は、企業年金生活に、満足している。
しかし、妻には、夢がない。
あるのは、旅することだけ。

でも、目の前にいる、子供は、無垢だ。
人生は、これからだ。
だから、女は、愛おしい。
自分の子のように愛おしい。

ある日、女は、愛おしさ、あまって、連れ出してしまう。
厳冬の北欧。
帰り道に、迷った女は、とにかく、子供だけは、大事に、温める。
捜索隊が、両親の通報で、森を、海を捜す。
でも、見付からない。
泣き叫ぶ、両親。
「あの女が、私の息子を奪った!!」
そう叫ぶ。

一方、女は、厳寒の中で、白夜を迎える。
あたりには、オーロラが、見える。
いや、それは、意識の薄れていくなかで見た、幻想なのかも、知れない。
この町に、オーロラなどないのだから。
でも、女は、夢見た旅を実現する。
無謀な、夢見た旅だったのだ。

捜索隊が、朝になって、凍り付いた女を見付ける。
既に、死んでいる。
同行した、両親は、またもや、泣き叫ぶ。
捜索隊のひとりが、凍り付いた女の体にしがみついていた、子供を取り出す。
息をしていないのか?
死んでるのか?
しかし、その子は、眠っていただけなのだ。

その子は、生きていたのだ。
目覚めた子供は、
「お母さん」
と、母親の胸に飛び込んでいく。

女の「夢見た旅」は、こうして終わるのだけれども、どうして、こんな話を思い付いたのかというと、二年ぐらい前に、ノルウェーのトロンハイムというところに行って、死にかかったことがあるからだ。
あの時は、本当に、辛かった。
死ぬんだなと思った。
こんなとこで、俺は、野たれ死ぬのかと、思った。
でも、それも悪くないと、一方で、思ったことも確かだ。
自分の死に場所としては、ふさわしいのではないかとも、思った。
ノルウェーは、あこがれの地だったからだ。
バイキングとイプセン。
ペールギュントの国ー。

誰にも、夢見る旅は、あると思う。
でも、夢見た旅は、そう出来るもんじゃない。
完結は、ないのかも知れない。

今も、夢見た旅の途中であることを、願って、

05/08



0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...