2010年5月17日月曜日

2010/05/14

週刊朝日の読書欄の取材受ける。

話していい最中、降下剤の副作用のから咳が止まらなくなる。

夜、唐桑に行く予定だったが、中止。

車のタイヤ交換のみにした。

初日が終わらないとどうにも気が休まらない。

佐野真一さんの本、読み始める。

夕飯は近くの店で、ハンバーグ。

ワイン、少し飲む。

×  ×  ×

同志社大学て゛、ボクの映画の特集上映が組まれた。

詳細は近々、HPにアップしますので、ご覧ください。

六月八日と十日です。

八日は、『海賊版』と『ワカラナイのメイキング』。

それにボクと学生の対談です。

この日は無料だそうです。

十日は何と、三本立て!

1200円で、全部観れます。

『クロージングタイム』

『歩く、人』

『バッシング』

です。

対談などもやるそうなので、どうぞ、遊びに来てください。

対談の相手は、シネヌーボーの奥さん(奥さんではなくて、奥と言う名の女性です)。

ずっと、ボクの映画を掛けてくれていた映画館の支配人をしていて、産休後復帰しました!

毎日、自転車でかけずり回っている人です。京都にも自転車で来るのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...