2010年5月23日日曜日

2010/05/22

『春との旅』初日。

タクシーで、新宿へ。

今日は飲む予定なので、用心してタクシーにした。

呑んで、歩くと必ず脚が攣るからだ。

タクシーの中で、死ぬほどのたうった時のことを思い出すと、今でも震える。

それほど痛かった。両足が一度に攣るというのは、それまで何度かあったが、狭いタクシーの中と言うのは初めてで、

「止めてください!」

とも言えない。

激しい痛みの中では、タクシーから降りることも出来ないからだ。

しかも、外は雨だった。

傘も持っていなかった。

よしんば降りても、痛みが治まるまで雨の中にいるわけにもいかない。

だから今日は用心してタクシーにしたのだが、そしてそれが幸運にも喫煙可のタクシーで、「やったあー」と思ったが、息子も乗っているので吸うわけにはいかない。

我慢して、新宿まで。

カフェで、軽く昼食をとる。

いよいよ、初日。

色々と思いをかみしめる。

舞台あいさつを終えて、打ち上げ。

ビール、一杯。それもワイングラスというのが悲しい。

珍しく、仲代さんもいらっしゃる。

テレビの番組で、仲代さんの特集コーナーがあるらしく、そのコメント撮り。

終わったら、会は閉会。

Sと家族で、三丁目へ。

久しぶりにこの界隈を歩く。

蕎麦屋でビール少しだけ。今度はコップ半分。

出て、洋風居酒屋へ。

ワインのデキャンタ頼む。

でも、ボクは、ワイングラス一杯も飲み干せない。

もうボクには、呑むことはできない。飲むのみ。

でも、それでいいかと思う。

タクシーで帰宅。

2 件のコメント:

  1. 『春との旅』公開おめでとうございます。

    先日から私のボスの勧めで
    『映画監督 小林政広の日記』
    を読んでいます。
    読んでみて、ボスが『春』を切に応援し続けている理由を理解し納得しました。

    監督は本当に天才だと思いました。

    ここ数日とても感動する事が多く、小林監督にありがとうと伝えたくなりました。

      が

    文章が拙く、この気持ちを伝える自身がないので…心だけ込めます。

    小林監督、どうか ご自愛ください。

    返信削除
  2. ずいぶん遅れた返信、御容赦ください。心配してくれてありがとうございます。とにかく、駆け抜けます!

    返信削除

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...