2010年7月16日金曜日

2010/07/10

八月八日の気仙沼での上映会の招待状を、撮影でお世話になった人に、配りに行く。

ここ唐桑では、『ワカラナイ』も撮影したのだが、こちらの方は、何もせずだったので、今回はきちんとしないといけないと思いつつ、ひょっとしたら、漏れてるところもあるかも知れない。

監督といえども、現場のことを何から何まで知っているわけではなく、本来ならば、きちんとしたリストなどを制作は作成すべきで、撮影後の挨拶もきちんと行うべきなのだが、当の制作が、現場が終わった途端に、居なくなってしまったので、本当にあちこちに不義理をしてしまうことになった。

今までの映画も、こんな調子だったのかと思うと、途方に暮れる。

他の現場のことは知らないが、ボクの現場は、予算的にも、精神的にも、相当きつい。

ただ、ボクは演出的には無理難題を言っても、金銭面での帳尻は考えているし、無理なら無理で、言ってもらえれば、変更は可能なのだが、粗野ではどうにもならない。

自主映画の場合は尚更だ。気づかいの出来ない人間には、映画に関わる資格はないと思っている。

世話になったという気持ちはあるが、それは、お互い様だと思っている。

スタッフのために、映画を作っているわけではないのだ。

こんなことを書いていると、愚痴になるので、やめる。

せっかくの快晴の一日が、台無しになるからな。

今日から、渡辺真紀子主演の『トルソ』が始まる。

ユーロスペースで、レイトショー公開。

みなさん、観に行ってあげてください。

渡辺は、ボクの同志ですから! (と、これは一方的なボクの思いです)

挨拶回りの後、スーパーで、買い出し。

明後日からは、ひとり暮らし。

出来れば、シナリオを一本仕上げたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...