2010年7月25日日曜日

2010/07/21

昼に、漁火パークのレストランで、打ち合わせ。

戻って、夜の会合まで時間があったので、いよいよキャプラを観始める。

『オペラハット』。

どうしてこういう邦題が付いたのか不思議だ。

どうして、オペラなのか?

中身は、全く違うのに。

確かに、オペラの話がでてくるのだが。

キャプラ節満載で、少しも飽きさせない。

たまらないな。



夜の会合から、戻る。

代行タクシーと言うのに初めて乗った。

何だか、居心地が悪い。

ボクには、不向きだ。



一息ついて、『或る夜の出来事』観る。

もう何度も観ているこの映画、改めて観て、脚本と演出、そして、クラーク・ゲーブルらキャストが素晴らしいのに驚愕する。

ヒロイン役は、あまり気乗りせずにこの役を引き受けたらしいが、(しかも、渋々)映画は大成功を収めた。

階級を意識したシチュエーションの作り方など、うまいなあ。

驚くほどだ。



今日はこの二本で終了。

暑い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...