2010年7月26日月曜日

2010/07/22

『我が家の楽園』観る。

これも、変な邦題だ。

ラストシーンが、感動的。

しかも、笑いの要素がちりばめられている。

どうしてこんな映画が作れるのか?

劇が原作になっているとか。

オリジナルでは産み出し得ない作品。

『スミス氏都へ行く』観る。

言わずと知れたキャプラの代表作。

続けて深夜、

『失われた地平線』観る。

冒険もので、かなりの部分をスタジオで撮影されているが、その迫力は、スタジオ撮影とは思えない。

桃源郷の描き方はとても興味が持てた。

しかし、雪崩のシーンなど、一体どうやって撮影したのだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...