2010年8月21日土曜日

2010/08/14

夕べは久しぶりに夜更かし。

いや、そうでもないか。

最近は、夜型の傾向があるな。

では深夜に何をやってるのかと言うと、別にたいしたことをしている訳ではなくて、ノートを広げて、企画やらを書き留めているのだけど、なかなかシナリオにする気がおきない。

いつもならそろそろなんだけどね。

今年はまだ映画を作っていないので、少し焦りだしているけど、自分が誰よりも大馬鹿のろくでなしだと思う時期は、必要だな。

もっと凹めと思うよ。

凹まないと駄目だな。

ボクの場合はね。

徹底的に凹んで、それでもやるのかというところまで自分を持って行かないとね。

でも、昨日は久しぶりに色んな考えがまとまって、嬉しいやらほっとするやらで、飲み過ぎたな。

クレアチニンの数値が、0.何ミリが減っただけでこんなに嬉しいと言うのは、どうしたことだろう?

おかしいんじゃないかと思うよ。でも、透析までの時間が少しでも稼げたのは、色んな意味で、ボクにとっては喜ぶべきことだからな。素直に、躍り上がって、喜んでましたね、昨日は。

こんなことに一喜一憂して、そのうち死んでしまうんだなと思う。

テレビで、大戦時の報道映画が放送されていたけど、おびただしい死者を見て、絶句した。

「シンドラー~」のドキュメンタリー番組を観た時もそうだった。

「人間ほど尊い存在はない」と言う言葉を唾棄したした上で、それでも、「人間一人一人はかけがえのない存在だ」と言い続けたジャン・ルノワールの言葉を、何十年ぶりかに思い出している。

確か、山田宏一さんが訳されたトリュフォーの言葉だったな。

近く、『シンドラーのリスト』を見直そうと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...