2010年8月4日水曜日

『春との旅』気仙沼上映会について。

七月三十日の河北新報に、『春との旅』に関する、菅原定治郎さんの投稿が載っていて、近所のIさんが、切り抜きを渡してくれた。


娘さんからの手紙が引用されていて、読んでいて胸に迫るものがあった。


鳴子温泉の大正館の女将さんからも、何度もお手紙をいただいて、それが熱のこもったあたたかい御手紙だったので、それにも励まされた。


七月三十日の三陸新報の投稿は、八月八日に行われる市民会館での上映会に向けての記事で、地元の人たちのこの作品への熱い思いが伝わってくる。


本当なら、鳴子温泉でも、気仙沼でも、いち早く上映会を催さなければいけなかった。


これに関しては、映画が完成してから、何度となく、配給会社にも話をしていたのだけれども、挨拶回りひとつしないままだった。


古川市では、遅れて映画は公開されたが、鳴子温泉では、未だに上映会は行っていないし、苫小牧も静内も同様。(上映会の前に、すでに苫小牧では、シネコンで公開されていた!)


映画が公開される以前は、それでもプロデューサーは、何とか実現をと言ってはいたが、いつの間にか立ち消えてしまい、公開後は、共同配給会社の手に渡り、全ては消滅してしまった。


何とも情けない限りだ。


しかし、とりあえずだが、気仙沼での上映が決まり、ずっと気がかりだったことが、ひとつ解決した。


上映会まで、あと四日。


今は、成功して欲しいとただ祈っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...